プロフィール

4人姉妹の末っ子。

姉妹の中でいつも板挟みになったり、仲直りの仲裁をしていました。

人間関係でいつも何かの調整をしていて、「なんで私ばかりそういう事がまわってくるんだろう…」と思っていました。

マヤ暦と出逢った時に“あなたは調整の役割で板挟みになる事が多いですね”と言われた時「そうだったのか、だからなんだ!」と腑に落ちました。

そして「そういう役割なら仕方ないやっていこう」とそれまで抗っていた自分を受け入れると、色々なことがスムーズに進むようになりました。

マヤ暦を学び始めて振り返ると、自分の悪かった所も客観的に見ることが出来、少しずつ心が整っていったような感覚になりました。

そして自分が本当にしたかった事に気づくことが出来たのです。


マヤ暦講座、マヤ暦カウンセリングのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。